貨車コレクション

​カ3000

 2021年丑年ということで、家畜車の登場です。実車は昭和29・30年に製造され、前クラスのカ2000の走り装置は1段リンク式ですが、こちらは当初から2段リンク式でした。後にカ2000も2段リンク化改造により、本クラスに編入されました。家畜車という分類ですが、一般には牛の輸送に使用され、馬は有蓋車で、豚や羊は豚積車で運ばれたようです。しかし、生きた家畜を運ぶことも次第に少なくなり、昭和52年には全廃されました。

 模型はアダチのキットをベースに組みました。車体関係は殆ど素組ですが、例によって床下機器関係はエコーの部品で多少のディテールアップをしております。
屋根は牛を載せるなどの工作がありますので、マグネットを使って脱着式にしております。さて、資料によって牛の積載頭数が異なり、12~15頭が一般的に言われていますが、実際に載せてみますと、どう頑張っても8頭がよいところでした。床には敷き藁を敷いて、車体裾からは藁をはみ出させてみましたが、汚物が飛散するのを防止する為、下部の隙間を塞いだ車もあったようです。

 作例では7頭積んだ。4頭は高価なプライザー製、3頭は東急ハンズで求めた安価なシリコン製のを塗装し直した物。一緒にしても殆ど見分けが付かない。プライザーのは1/87であるので、実際よりは小ぶりの筈だが、7頭でもご覧の通り。12頭なんてとてもとても・・。

 自宅の近所の牧場の牛(田舎ということがばれてしまうが)。良く観察すると模様が様々である。

本サイトの文章・写真・画像・図表等は特記のない限り「貨車LABO」に帰属します。個人で利用する以外は、無断での転載は固く禁じます。Copyright (C) 2015-2021 貨車LABO All Rights Reserved.

貨車

LABO