貨車コレクション

ワフ29500

ワフ29500は、昭和30年から製造された有蓋緩急車です。これ以前のワフで荷室と車掌室の、面積配分のせめぎあいがありましたが、この形式で荷室5tで落ち着きました。

作例は、エンドウのプラキットを組み立てたものです。引き戸錠や票差し等、細かなパーツでディテールアップしております。特に北海道の緩急車の煙突は積雪の関係で、かさ上げされているのが特徴ですので、これを表現しています。尾灯は別売パーツで点灯式にしております。電源は、荷室に単5電池ボックスをセットしています。